夜中に前へ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜中に前へ

思考実験、書評、ゲームレビュー、あと雑記

嫁が出産祝い選びに奮闘した話/おむつ○○に抵抗がある話

たわし嫁 ネタ
スポンサーリンク

こんばんは。夜中たわしです。

社会人になり歳を重ねてくると、続々と友人が結婚したり、さらには子どもを産んだりという行為に打って出てきます。

先日も嫁が友人に出産祝いを送っていました。その時のエピソードを紹介します。

登場人物

f:id:tawashix:20161010215125j:plain
たわし嫁(京都府・女性):最近洗濯かごが頭から離れない

f:id:tawashix:20170111230113p:plain
たわし嫁の友人A(京都府・女性):素材は口紅をしたかわいい犬

産まれる!

もしもし! もしもし! なんと、子どもがそろそろ産まれそうやで!!

おめでとうございます。

でも、予定日過ぎたけどまだ産まれてへんねん! だから明日無理やり産んでくるわ!!

わかりました。頑張って!! (何だこの電話……)

ガーゼケット

ということは、出産祝いを用意しないと駄目だな。でもそうは言ったものの、私は出産祝い初心者。どうしたものか……。

嫁は毎夜遅くまで出産祝いのおすすめを調べ続け、ついにこれぞというものを見つけました(ちなみに友人に対して出産祝いを送る場合、7000円程度が相場だそうです)。

ガーゼケットという商品です。

タオルケットと似ていますが、その名の通り素材がガーゼのため通気性がよく、赤ん坊の肌に良さそうな雰囲気を醸し出しています。

お風呂上がりに体を拭いてよし、寝る時体の下に敷いてよし。

しかもこのガーゼケットは、ついでに身長も測ることができるという優れもの。

これが決め手でした。

1週間後

もしもし! 産まれたで!! あの後さらに3日かかったわ!!

おめでとうございます。何かほしい出産祝いとかある? 特になければ、ガーゼケットっていうのにしようと思うけれど。

出産祝いなんていらへんで。おめでとうって言ってもらっただけで十分! でもしいて言えば帽子か、スタイ(よだれかけ)が欲しい!

了解。まかせといてください。ちなみにもう送っても大丈夫?

うーん、また落ち着いたら連絡するから、その時でええで。

よっしゃ。

(そうか……ガーゼケットを調べたのは無駄だったか。仕方ないね)

帽子

帽子ねえ……。

帽子って言われても、赤子の頭のサイズがわからない!

頭のサイズを聞くのもなんだか変な話だし、好みもよくわからないから候補から外したそうです。

スタイ(よだれかけ)

とすると、よだれかけか。

でもよだれかけについて、私は何も知らない。そういや、付けてた覚えもない。もしや、まだ自我が芽生えてなかったのでは……!?

嫁がよだれと、よだれかけについて調査・検討した内容を箇条書きにするとこんな感じです。

  • よだれかけは洗濯機で洗えたほうが楽
  • マジックテープ式じゃないほうがいい(はがして遊ぶ。また、かぶれることも)
  • 肌に優しいものがいい(綿100%)
  • よだれは、出産直後は実はまだ出てこない
  • よだれが増えてくるのは、3~4ヶ月目以降のことが多い
  • しかし、おっぱいはこぼす


条件が厳しくてよくわからーん!

とりあえず、すぐには役立たないのでは!? おっぱいはこぼすのかもしれないけど、そんな都合よくよだれかけにこぼすかなあ?

……一旦置いておいて、連絡が来てから再考しよう!

2ヶ月後

そういやあれから2ヶ月も経つな。落ち着いたら連絡してくれるはずだけど、まだ落ち着いてないのかな!? もしもし! もしもし!!

ごめんごめん。落ち着いてたけど電話するの忘れてたわ。

oh...

電話したつもりになってたわ! すまぬ!!

じゃあ出産祝いを送ろうと思うけど、帽子かよだれかけがいいんだっけ?

あー、前に言ってたガーゼケットってやつが欲しい!!

oh...

こうしてガーゼケットを送付したとのことです。

お疲れ様でした。


教訓:何が欲しいか聞くの大事!

おわりに

なにやら出産祝いの品を調べてると、意味の分からない商品がどんどん出てくるんですよ。

たとえば、おむつケーキってやつ。

これ、おむつがケーキの形に押し込めてあるみたいです。

結構メジャーな贈り物みたいなんですが、おむつを食べ物に見立てるのはご勘弁願いたいです(私だけでしょうか?)。

派生商品で、おむつ寿司ってやつも見つけました(大人気商品らしいです)。

というかそういう商品ばかり扱っているサイトを見つけてしまいました。

商品がどれもハイセンス過ぎてヤバイ。おむつカレーとかいうのもある。

以前ニュースで、バキュームカーの悪臭をチョコレートの香りに変貌させる薬を開発したというのがありましたが、それに似た嫌悪感を感じてしまいます。

食べ物と、そういうモノを結びつけるのは、やっぱ抵抗あるなあ。

以上、蛇足でした。

関連記事

嫁が自分の殻に閉じこもった - 夜中に前へ

嫁がしいたけ嫌いになった - 夜中に前へ

嫁が肛門に名前を付けはじめた - 夜中に前へ

スポンサーリンク