夜中に前へ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜中に前へ

思考実験、書評、ゲームレビュー、あと雑記

もしメロスが定期的な進捗報告を求められたら

スポンサーリンク

こんばんは、夜中たわしです。

社会人になると求められるもの、それは報告、連絡、相談。いわゆる報連相です。

その中でも特に報告の重要性について、走れメロスの話と織り交ぜてみました。

f:id:tawashix:20170402230320p:plain

走れメロス(?)

メロスは激怒した。必ず、かの邪智暴虐の王を除かなければならぬと決意した。ディオニス王は人間不信により人々を処刑しているのだ。

王を暗殺すべく王城に侵入したものの、メロスはあえなく捉えられ、処刑宣告を受けてしまう。

そこでメロスは、石工をしている親友のセリヌンティウスを人質として王のもとに置く代わりに、妹の結婚式に出席するため3日後の日没までの猶予を求めた。そしてそれは受け入れられた。

セリヌンティウスは深夜、王城に呼ばれた。暴君ディオニスの面前で、メロスは友に一切の事情を語った。セリヌンティウスは大きく頷き「一つ条件がある」と言った。

これはうちの石工所で扱っているノートPCだ。これを携帯し、逐一進捗報告をして欲しい。まずはガントチャートで工程を引いて……

「進捗報告? セリヌンティウスよ。私が戻ってくることが信じられないのか。そしていつの間に石工所なのにノートPCを扱い始めたのだ」

「メロス、親友といえど無条件に信用はできない。こちらも命がかかっているのだ。どうか理解してくれ」

メロスは牧人であるが、ノートPCの扱いには慣れていた。時間に猶予はない。すぐさま要求通りガントチャートの作成に取りかかった。なおガントチャートはプロジェクトなどの工程管理に用いられる表の一種である。

「セリヌンティウス、たった3日の工程、それも私1人だけのプロジェクトにガントチャートは必要ないのでは?」

セリヌンティウスは納得しなかった。ガントチャートなしで、どうやって工程管理するのか、の一点張りである。石工だから頭も固いのだろうか。

メロスは半ばやけくそでガントチャートを作り上げ、そして出発した。わかっているのかセリヌンティウスよ。このガントチャートを作るのに要した時間も、お前の死への時間を圧迫しているのだぞ。

メロスはその夜、一睡もせず十里の路を急ぎに急いで、村へ到着したのは、翌る日の午前、陽は既に高く昇っていた。予定より遅れている。これは荷物にノートPCが増えたために違いない。しかもこのノートPC、高価なため絶対に持ち帰るように、と言われている。

そうこうしているうちにセリヌンティウスへの定期連絡の時間を過ぎてしまっている。「まずい、まずい」メロスは急ぎチャットソフトを起動した。なおこの一帯はフリーWi-Fi完備である。


すまない。遅くなった。

構わないけど、今どういう状況?

今、ちょうど村に着いたところだ。

それは、予定としてはどうなんだ? 予定通りなのか?

いや、少し遅れている……。


言うまでもなく、ノートPCを運ばされていることと、ガントチャートを作っていた時間そのものが原因である。


遅れは取り戻せそうなのか。

大丈夫だ。ある程度余裕をもった工程にしてある。

そういやその工程だけど、あれひどいな。今見ることはできるか?

えっ。


f:id:tawashix:20170402225707p:plain


特にひどいのは結婚式の工程で、丸2日間結婚式やってるみたいになってる。これ、もっとブレークダウンしないとダメだろ。結婚式には準備とかもあるんだろ?

ああ。まあ確かに。

あとこの工程、ずっと線が引いてあるけど、いつ寝るんだ? 不眠不休で3日頑張るのか?

いや、実は今から一眠りしようかと…。

じゃあそれを含めて修正して、実績値を入れてから寝てくれ。

……わかった。


f:id:tawashix:20170402225744p:plain


こんな感じでどうだ? 予定の入っていない部分は睡眠時間に当てる。

いいだろう。

なら私は寝る。また連絡する。


眼が覚めたのは夜であった。結婚式を明日挙げなくてはならない。妹を説得するのは簡単だったが、その婿が難敵であった。婿は驚き、それはいけない、こちらには未だ何の仕度も出来ていない、葡萄の季節まで待ってくれ、と答えた。メロスは、待つことは出来ぬ、どうか明日にしてくれ給え、と更に押してたのんだ。婿の牧人も頑強であった。なかなか承諾してくれない。夜明けまで議論をつづけて、やっと、どうにか婿をなだめ、すかして、説き伏せた。また予定が押してしまった。

セリヌンティウス、報告が遅れてすまない。また予定が少し遅れた。


f:id:tawashix:20170402225809p:plain


…どう対策するのだ。大丈夫なのか?

大丈夫だ。本来なら仮眠を取る予定だったが、式が終わるまで寝ない。

本当にできるんだろうな。

問題ない。信じてくれ。

なんだこのセリヌンティウスの威圧感は。なぜだ。なぜセリヌンティウスへの報告にこれほどまでに気を使わなければならないのだ。時間までに戻ればそれでいいのだろう。この進捗報告はそのための足かせにしかなっていない。

結婚式は、真昼に行われた。新郎新婦の、神々への宣誓が済んだころ、黒雲が空を覆い、ぽつりぽつり雨が降り出し、やがて車軸を流すような大雨となった。


セリヌンティウス、式は予定通り終えた。一眠りしたら出発する。

了解。


眼が覚めたのは翌る日の薄明の頃である。


すまないセリヌンティウス、寝過ごした。

…間に合うのだろうな?

大丈夫だ。これからすぐに出発すれば、約束の刻限までには十分間に合う。

わかった。わかったが、再発防止は考えておくように。

再発防止…?

社会人たるもの、再発防止を考えるのは当然のことだろう。

はい。考えておきます…。ところで今、ひどい雨だ。このノートPCは置いていってもいいか?

ダメだ。それは必要なんだ。絶対に持ち帰ってくれ。多少の雨ではそれは壊れない。

…わかった。


もう正直セリヌンティウスとのチャットには嫌気が差していた。ついにこのノートPCを捨てることで開放されるかと思ったのに、この始末である。しかしセリヌンティウスには身代わりになってもらっているという、あまりに大きな借りがある。

さて、メロスは、ノートPCを抱きかかえて、雨中、矢の如く走り出た。

全里程の半ばに到達した頃、降って湧いた災難、メロスの足は、はたと、とまった。見よ、前方の川を。きのうの豪雨で山の水源地は氾濫し、濁流滔々と下流に集り、猛勢一挙に橋を破壊し、どうどうと響きをあげる激流が、木葉微塵に橋桁を跳ね飛ばしていた。彼は茫然と、立ちすくんだ。チャンスだ。この濁流を泳いで渡れば、間違いなくノートPCは壊れる。

メロスは、ざんぶと流れに飛び込み、百匹の大蛇のようにのた打ち荒れ狂う浪を相手に、必死の闘争を開始した。満身の力を腕にこめて、押し寄せ渦巻き引きずる流れを、なんのこれしきと掻きわけ掻きわけ、めくらめっぽう獅子奮迅の人の子の姿には、神も哀れと思ったか、ついに憐愍を垂れてくれた。押し流されつつも、見事、対岸の樹木の幹に、すがりつく事が出来たのである。

断言することができる。ノートPCさえ持っていなければより簡単に渡ることができたと。そしてこれによりノートPCが壊れたことはやむを得まい。セリヌンティウスも分かってくれるはずだ。なあに、水没復旧のサービスにでも依頼することだろう。

メロスは驚愕した。なんと電源を入れると、ノートPCが起動したのである。びしょ濡れであるにも関わらず。


セリヌンティウスよ。今、増水した川を泳ぎきったところだ。しかしこのノートPCの頑丈さには驚かされる。抱えて川を泳いでも壊れないのだから。

ああ、それはパナソニック製のタフブックと言うノートPCで、防塵・防滴・防水性能に優れており、IP65に準拠している。PC内部の空気を最大2kPa減圧し、8時間粉塵を吹き付ける試験および、2.5m~3mの位置からあらゆる部位に向かって12.5L/minの水をジェット水流で3分間かけ続ける試験をクリアしているのだ。



さすがに長時間の水没には耐えられないが、君が川を泳ぐ程度で壊れることはなかったようだな。

それはそうと、おかげで日没までの時間の余裕がなくなってきた。この報告はこれを最後とさせてくれないか?

いやダメだ。

…ならせめて、ガントチャートの更新はもう停止して、このチャットでの報告のみとさせてくれ。

…仕方ない。それでいい。


陽は既に西に傾きかけている。ぜいぜい荒い呼吸をしながら峠をのぼり、のぼり切って、ほっとした時、突然、目の前に一隊の山賊が躍り出た。

「待て」

「何をするのだ。私は陽の沈まぬうちに王城へ行かなければならぬ。放せ」

「どっこい放さぬ。持ちもの全部を置いて行け」

「わかった。私にはこのタフブックの他には何もない。これを置いていこう

「いや、タフブックはいらぬ。いのちが欲しいのだ」

「さては、王の命令で、ここで私を待ち伏せしていたのだな」

山賊たちは、ものも言わず一斉に棍棒を振り挙げた。

メロスは高らかにタフブックを掲げ、「期待させやがって。ようやくタフブックとおさらばできると思ったのに!」と猛然一撃、たちまち、三人を殴り倒し、残る者のひるむ隙に、さっさと走って峠を下った。

当然というべきか、この戦闘によりタフブックが壊れることはなかった。

メロスは落胆した。


セリヌンティウスよ。先程このタフブックで山賊を倒したぞ。しかし安心してくれ。壊れてはいない。

だろうな。そのタフブックは耐衝撃・耐振動性能にも優れている。各面・辺・角の計26方向に対し、120cm落下する試験および、前後・左右・上下に、1時間かけて振動を与えつづける試験もクリアしているのだ



わかった。このタフブックの素晴らしさはわかった。セリヌンティウスよ。もう時間がない。この報告を最後とさせてくれ。なんとか間に合うはずだ。

期待して待っている。


路行く人を押しのけ、跳ねとばし、メロスは黒い風のように走った。野原で酒宴の、その宴席のまっただ中を駈け抜け、酒宴の人たちを仰天させ、犬を蹴とばし、小川を飛び越え、少しずつ沈んでゆく太陽の、十倍も早く走った。一団の旅人と颯っとすれちがった瞬間、不吉な会話を小耳にはさんだ。「いまごろは、あの男も、磔にかかっているよ。」ああ、その男、その男のために私は、いまこんなに走っているのだ。

その男本人から幾度となく妨害を受けた気もするが、その男を死なせてはならない。急げ、メロス。おくれてはならぬ。愛と誠の力を、いまこそ知らせてやるがよい。風態なんかは、どうでもいい。メロスは、いまは、ほとんど全裸体であった。

メロスは今となってようやくタフブックが役に立つと感じていた。ほとんど全裸だが、タフブックのおかげで前を隠すことができる。

最後の死力を尽して、メロスは走った。メロスの頭は、からっぽだ。何一つ考えていない。ただ、わけのわからぬ大きな力にひきずられて走った。陽は、ゆらゆら地平線に没し、まさに最後の一片の残光も、消えようとした時、メロスは疾風の如く刑場に突入した。間に合った。

「セリヌンティウス。」メロスは眼に涙を浮べて言った。「私を殴れ。ちから一ぱいに頬を殴れ。私は、途中で一度、悪い夢を見た。いや、一度ではない。幾度となくこのタフブックを捨てようと思ったのだ。君が若し私を殴ってくれなかったら、私は君と抱擁する資格さえ無いのだ。殴れ。」

セリヌンティウスは、すべてを察した様子で首肯き、刑場一ぱいに鳴り響くほど音高くメロスの右頬を殴った。殴ってから優しく微笑み、

「メロス、ところでそのタフブックは壊れていないのか?」

「ああ、もちろんだ。この通り」

メロスはタフブックを起動してみせた。ディスプレイにはWindowsの起動画面が浮かび上がる。

「君は実にいい働きをしてくれた。王様、これで耐久テスト的にはよろしいでしょうか?

「ああ。来年度は約束どおり我が国の兵士全てに、タフブックを購入することを約束しよう

「まさか」

一体セリヌンティウスがいつの間に、どのようにして王に取り入ったのかは分からない。しかし今の会話である。

即座に自分がセリヌンティウスの販売しているタフブックの耐久テストに利用されていたことを理解した。茶番である。もしかして初めから──。

メロスは激怒した。

メロスの掲げたタフブックがセリヌンティウスを襲うまでに、時間はかからなかった。

おわりに

この記事でタフブックを買う人は誰一人いないと思います。

4月早々、私は何をやっているのでしょうか。

関連記事

自動運転車はトロッコ問題の夢を見るか? - 夜中に前へ

思考実験「ラプラスの悪魔」を舌切りすずめで考察/自由意志と決定論 - 夜中に前へ

炭酸飲料を飲むとしゃっくりが1回だけ出る人々 - 夜中に前へ

スポンサーリンク