夜中に前へ

思考実験、書評、ゲームレビュー、あと雑記

『大逆転裁判2』感想(ネタバレなし)/シリーズ最高レベルの完成度に大満足

スポンサーリンク

こんばんは、夜中たわしです。

先々月に発売された『大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟-』をクリアしました。その紹介と感想です。

f:id:tawashix:20171005213612j:plain

「──すべての謎が今。解き明かされる──」

このキャッチコピーは前作で大きな謎が未解決だったことを物語っており、そして「今作は大丈夫ですよ。信じてください」という弁明でもあります。

前作の大逆転裁判は一応の区切りまでストーリーは進んだものの、あまりに謎や伏線が残りすぎており、尻切れトンボとも言える終わり方でした。

1作完結のストーリーを期待していたプレイヤーの一部からは「タイトルに前編って書いとけ」「もう買わん」などと不満が噴出したものです。

ご安心ください──今作のキャッチコピーに嘘偽りはありません。そして逆転裁判シリーズにおいても最高レベルの傑作でした。

逆転裁判シリーズ

逆転裁判シリーズは法廷バトルアドベンチャーゲームです。

まったく未プレイの方向けに、その魅力を書いておきましょう。

  • 事件が起きると翌日にはもう裁判
  • そのための調査不足か、検事側がどうしても被告人を有罪にしたいのか、裁判中に隠されていた新事実が見つかりまくる
  • 証人として真犯人が堂々と登場する率、超高い
  • 真犯人、風向きが悪くなってくると大体豹変
  • 裁判中に机を思いっきり叩いたり、大声を出しても大丈夫
  • ムチでの攻撃やコーヒーを人に投げつけるくらいの、ちょっとした暴力行為はOK
  • BGM、すごくいい……

思いつくままに書きましたが、興味を持っていただけたでしょうか? そうでもないでしょうか。

初代逆転裁判の1作目が出たのは2001年。息の長いシリーズになったものです。

大逆転裁判

そんな逆転裁判シリーズのスピンオフとして今から2年前発売されたのが大逆転裁判。

舞台は明治時代の倫敦(ロンドン)。

そして一番の特徴は、あの「シャーロック・ホームズ」が実在していることでしょう。

f:id:tawashix:20171005213717j:plain

さらにこの世界でも『シャーロック・ホームズの冒険』が連載されており、その連載は実在するホームズの体験談を元に書かれている、という設定だったりします。

おかげさまでホームズ関連の登場人物も実在の人物として登場したり、有名タイトルの事件が実際に起こっていたりと、ホームズ好きには魅力的な世界観です。もちろんホームズについての知識はなくともプレイにまったく支障はないのでご安心を。

……といった魅力的な世界観で裁判を行うエキサイティングなゲームだったんですが、冒頭でも話題に上げたとおり、

「さ~て、次の章が楽しみだなあ」というタイミングで突如スタッフロールが流れ出してしまい、プレイヤーに

f:id:tawashix:20171005213821j:plain

と言わせたのです。

そして私は「続編確定じゃん。よっしゃ」と思ったのです(でも2度とこの売り方はやめて欲しい)。

大逆転裁判2

f:id:tawashix:20171005213926j:plain

あの悲劇(?)から2年と数ヶ月。ついに発売された大逆転裁判2。

私はパッケージに書かれていた「すべての謎が明かされる」を信じて開始しましたが(これで明かされないと信頼が地に落ちる)遊んでいると序盤のうちから大逆転裁判で広がっていた風呂敷が、さらに広がる広がる。

大風呂敷を広げて増えに増えた伏線が解決せず、そのまま知らんぷりして最終話を迎えてしまうマンガなどがたまにありますが(※)、そういった予兆が脳裏をよぎります。

※あえて伏線を残し考察の余地を残すのもいいけど、限度ってものがある。

f:id:tawashix:20171005214007j:plain

しかしそんな懸念は必要なく、怒涛の勢いで数々の伏線がパズルのように噛み合って一気に収束。前作での疑問点(下記など)も含めすべて解決したのです!

  • 「1」のあの犯人の正体

  • 亜双義の使命

  • 死神って何

  • 4つの名前

ともかく、すんごい気持ちよかった……!

たぶんこの気持ちよさ、爽快感には……前作が消化不良だったことによる影響がある気がしますが、もはやそんなことはいいんです。だって面白いんだもの! ものすごく!!

f:id:tawashix:20171005214042j:plain

逆転裁判シリーズには裁判パートと探偵パートがあり、主に調査を行う探偵パートでは早く裁判来い!! と思うのが常なんですが、今回はその感覚が薄かったです。

探偵パートでも飽きさせない工夫が豊富で、特に最終章に近づけばプレイヤーの想像を1段階上回る演出が仕込まれていて、話を進めるのが本当に楽しかった!

そして1のエンディングが始まった時は「え? 終わり??」という感じでしたが、2のエンディングへの入りは本当に最高でした。

f:id:tawashix:20171005214117j:plain

これだから、ゲームはやめられません。

ぜひとも人にすすめたい作品になりました。

おわりに

最後に、プレイヤーに応じて逆転裁判シリーズを遊ぶならどれからがいいか、強引にまとめて終わります。


  • 逆転裁判シリーズ、まったく遊んだことがない

 →まず123を遊ぼう、そして大逆転裁判も遊ぼう。

逆転裁判123HD
逆転裁判123HD
開発元:CAPCOM
無料
posted with アプリーチ

今遊ぶならスマホ版かな。よく見たら3作入って2000円って、安いなこれ。


  • 逆転裁判は遊んだけど大逆転裁判は遊んでいない

 →大逆転裁判1と2を合わせて遊ぼう。話がつながっているので。

大逆転裁判
大逆転裁判
開発元:CAPCOM
\120
posted with アプリーチ

大逆転裁判は先月、スマホ版も配信開始されました。

現状、大逆転裁判2は3DS版しかありませんがいずれ配信されることでしょう。


  • 大逆転裁判は遊んだ。結末に失望した。

 →2もやるしかない。


  • 逆転裁判シリーズは大逆転裁判も含めて大体遊んだ

 →えーと……未プレイならゴーストトリックを遊ぼう!

ゴースト トリック
ゴースト トリック
開発元:CAPCOM
無料
posted with アプリーチ

関連記事

『レイトン ミステリージャーニー カトリーエイルと大富豪の陰謀』クリア後感想 - 夜中に前へ

時間操作で殺人を防ぐミステリーパズルADV『The Sexy Brutale』感想(PS4/Steam) - 夜中に前へ

『ライフ イズ ストレンジ』感想(ネタバレ配慮あり)/続編決定の時間操作系ADV - 夜中に前へ

スポンサーリンク