夜中に前へ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜中に前へ

思考実験、書評、あと雑記

崖から飛び降りながら飛行機を組み立てろ!『なぜ、あなたの仕事は終わらないのか』

読書
スポンサーリンク

仕事は終わらないしブログの執筆速度も一向に上がらず悩んでる中、Kindle Unlimited対象となっていたので読んだこの本。(現在は対象外)

著者は元マイクロソフトのすごい人らしい。

著者はこう語ります。以下本書から引用。

締め切り間際にラストスパートで仕事を終わらせようとする人の態度を「ラストスパート志向」といいます。のちにお話ししていきますが、ラストスパート志向は、仕事をするうえで最も避けるべきことです。

あー。そうなんだよ。そうなんだよ。

どんなに頑張って100%のものを作っても、振り返ればそれは100%ではなく90%や80%のものに見えてしまうのです。言い換えれば、100%のものは、そんなに簡単に作れるものではないのです

あ痛たたたた。

このループに陥る人の状態を「評価恐怖症」といいます。評価恐怖症にかかった人は、自分の中での100点満点を目指すあまり、本来なら終わる仕事も終わらなくなります。

痛い、痛い!

すべての仕事は必ずやり直しになる、くらいの覚悟が必要です。荒削りでもいいから早く全体像を見えるようにして、細かいことは後で直せばいいのです。そうした気持ちでいれば、評価恐怖症でいることも、あまり大したことではないとわかるはずです。あなたはプロトタイプを最速で作るべきなのであって、細かいところは後から詰めて考えればいいのです

知ってる。知ってるんだよ。

多くの人が、「最初はのんびりしていても、最後に頑張ればなんとかなる」という根本的な誤ちを改めるところから始めないといけません。  

知ってるけどできないんだよ!?(号泣)

助けてくれ!

崖から飛び降りながら飛行機を組み立てる

そんな問題を抱えている私は、一体どうすればいいのでしょう。著者はこう教えてくれます。

考えてから手を動かすのではなく、手を動かしながら考えてください。崖から飛び降りながら飛行機を組み立てるのです

なるほど。これをブログに置き換えて考えるなら、ブログを書きながら内容を考えろということでしょう…。今それを実践しています。確かに少し早く執筆が進んでる気がします。まずは気持ちからです。

ただ問題があるとすれば、これを書き始めたのが夜23時すぎからだということです。

(基本毎日更新しようとしているのに、もう日が変わりそうで時間がないのです。それまでは何をしていたかって? ブログ書こうかな、今日はやめとこうかな、って考えながら呆けてました!!

でもちょっと待ってくださいよ。普通に「崖から飛び降りながら飛行機を組み立てろ」って話を受け入れかけていましたが、本当にそんなことすると撃沈しますよね!? 鳥人間コンテストでスタート直後に落ちるやつのように。いいのか!?

あ、ちなみに『鳥人間コンテスト 離陸後の即落ちザ・ベスト』みたいなDVDが出たら買いたいくらいに、すぐ落ちるダイジェストが好きです。積み上げたものが一瞬で崩壊するところが、カタルシスがあるんですよね。わかります? 落ちた人に見せたら怒られるなこの話。

20倍界王拳を使え

著者はさらに、長期の仕事にとりかかる時にはまず初めの2日をロケットスタート期間とし、その2日で「ほぼ完成」まで持って行けと言います。そして万一「ほぼ完成」までもっていけなかった場合はスケジュールの見直しを考えろ、と。

そしてこのロケットスタートのすごく頑張っている期間を、「界王拳」を使うと言っているそうです。

※界王拳:『ドラゴンボール』に登場する、なんか身体能力がすげー上がる技

それも「20倍界王拳」の発動をイメージしているらしい。この言い方はすごい好きだ。

界王拳。

今私にも出せているんでしょうか?

教えて下さい界王神様…。

おわりに

ともかく、20倍界王拳をイメージしたことで1時間かからずに記事は書けた!

20倍界王拳、今後も使ってみるとしよう。来週くらいから…。

スポンサーリンク