夜中に前へ

思考実験、書評、ゲームレビュー、あと雑記

【VR】空腹のゾンビをハンバーガーで救済!『Dead Hungry』感想

スポンサーリンク

こんばんは、夜中たわしです。

今回遊んでみたのはこんなゲームです。

f:id:tawashix:20171112182926j:plain

なんかもう、凄いことになってることがお分かりいただけるかと思います。

VRで何のゲームを作るか? と考えたときに「ゾンビにハンバーガー食わしたろ」と決断して生まれたのがこちら、

PixelJunk VRシリーズ第一弾『Dead Hungry(デッドハングリー)』です。

Steamでは2016年12月から配信されていますが、先月PSVR版が出ました。

こんな見た目でバカゲーにしか見えませんが、PSVRを持っているなら買っちゃって間違いないゲームの1つです。

あえて一言で言えば「俺の料理VR~ゾンビ地獄編~」って感じ。

※俺の料理:プレステの名作料理ゲー

それでは詳しく見ていきましょう。

概要

見ての通りです。

f:id:tawashix:20171112182932j:plain

ゾンビ達が食べ物を求めて来店するので、

f:id:tawashix:20171112183004j:plain

ハンバーガーなどを食べさせて、

f:id:tawashix:20171112183013j:plain

人間に戻しましょう(!?)

あまりに忙しい!

f:id:tawashix:20171112183045j:plain

ゲーム中にできる行動はおおよそこんな感じです。

  • ハンバーグを焼く
  • ポテトとエビフライを油で揚げる
  • ピザを焼く
  • 食材をパンに載せる
  • ジュースの出るスイッチを押す
  • 料理をゾンビに投げつける

もたもたしているとゾンビに提供する料理がなくなってしまい、一巻の終わりです。なので1つ1つ進めている余裕はなく、全て並行で行う必要があります。


ハンバーグを鉄板の上に置いて、

ポテトとエビフライを油に放り込んで、

ピザをオーブンに入れて、

ジュースのスイッチを押して、

その間にチーズ、レタス、トマトをパンに乗せて、

そうこうしている間にハンバーグが焼きあがるので、それもパンに乗せて、

ポテトとエビフライが揚がってるならとりあえず油から出して、

調理に夢中になっているとゾンビが目の前に迫ってたりするんで、ハンバーガーを完成させ、投げつけて……!


こんな感じが絶え間なく続いて、一瞬たりとも余裕がありません。VRでの体感要素以外は、冒頭でも触れた『俺の料理』によく似ています。

f:id:tawashix:20171112183124j:plain

焼いたり揚げたりするものはあんまり放置していると燃え上がってしまうので、常に気が休まりません。

ゾンビに料理を投げつつも、割り込みでポテトを油から引き上げて、

新しいピザが出てきたからオーブンに突っ込んで、と頭をフル回転させての効率良い動きが求められます

複数の料理を並行して作る(現実で)のが得意な方は、おそらくこのゲームも上手いはず。

プレイヤーはこれを立った状態で全身を動かして行う必要があり、VRゲーの中ではトップクラスに疲れます。私は1ステージだけで息切れ、3ステージで疲労困憊でした。そして冬なのに汗だく。こんなゲームで「老い」を自覚したくない……。

ちなみに全30ステージあります。

ここで紹介トレーラーをどうぞ。

食材以外も利用

f:id:tawashix:20171112183240j:plain

ゾンビに対して調理が追いつかなくなってくると、ジュースを投げれば飲んでいる間時間が稼げますし、最悪未調理の食材を投げつけても食べてくれます。

f:id:tawashix:20171112183250j:plain f:id:tawashix:20171112183257j:plain

さらには、その辺にある調味料とか、提灯なんかまでゾンビに投げつけても食べてくれますし、

f:id:tawashix:20171112183305j:plain f:id:tawashix:20171112183314j:plain

なんならハンバーガーに組み込むことも可能です。

ゾンビたちは食べ物で満腹にすれば人間に戻るんですが、この食べ物以外のやつが結構腹に溜まるようでご満足いただけます(人間に戻った後のお腹の調子が心配です)。

ちなみにゲーム中のBGMは店内のラジカセから流れているんですが、ラジカセを提供してしまうと無音になりますし、ある物を提供すると店内が真っ暗になります。

こういう「これも使えちゃうの!?」っていうお遊び要素がすごく楽しいですし、「もう間に合わない! うわあああああ!!」ってなりつつも店のものを全部使い切ってクリアした時の達成感はなかなかのもの。

操作方法

f:id:tawashix:20171112183417j:plain

コントローラーでもプレイできますが、PS Moveを2本用意すべきです。これを動かせば連動して画面内の手が動き、背面のトリガー(Tボタン)で物を掴めます。

通常のコントローラーでも一応プレイ可能ですが、直感的に手で掴んだり投げたりする感覚の味わえるPS Moveでないと魅力は相当落ちます。

またプレイする部屋にそれなりの空間、PS Moveを持って両手を伸ばして振り回せる程度の広さが必要です。でないと周りにコントローラーをぶつけることになるばかりか、食材に手が届きません。

あと立ってプレイしないと足元にあるオーブンが使えません。

我が家はもちろん狭いので、机を移動させてなんとか空間を用意しました。

接待用に最適

もうおわかりかと思いますが、このゲームは人が遊んでいるのを見てる方が楽しいです。

ルールも非常に簡単なので、誰かにいきなり遊んでもらいましょう。

なんだか大慌てで空間に対して何らかの操作をしたり、足元の見えないオーブンを開けて何かを出し入れしたり、「ゾンビが! ゾンビが!」と言いながら何かを投げつけるジェスチャーなどを見ることができます。

嫁にプレイさせてみたところ、0歳の息子が「何をやっとんじゃアイツは」という感じの不思議そうな顔で見てました。

おわりに

f:id:tawashix:20171112183940j:plain

全30ステージのところを2日で21ステージまでクリアしましたが、あまりに疲れて満身創痍になってしまい、しかも右腕が筋肉痛になりました。たぶんハンバーガーの投げすぎです。

なので嫁ストップがかかりしばらくプレイ禁止になりました。

体力に自信のある方、またダイエットしたい方、ぜひ遊んでみてください。

公式リンク

Steam版

PS4版

関連記事

【PSVR】『V!勇者のくせになまいきだR』感想/ワラワラ動くジオラマ感がたまらない - 夜中に前へ

【PSVR】頭「だけ」を使う異色ゲーム『ヘディング工場』感想(クリア済・ネタバレなし)/攻略メモ - 夜中に前へ

【感想】オープンワールド型パズルゲーム『The Witness』に衝撃を受けた(PS4/Steam/スマホ) - 夜中に前へ

スポンサーリンク