夜中に前へ

思考実験、書評、ゲームレビュー、あと雑記

メルセデス・ベンツが自動運転車のトロッコ問題に回答「歩行者より運転手を優先する」

スポンサーリンク

こんばんは。夜中たわしです。

最近自動運転車とトロッコ問題について動きがありました。

あのメルセデス・ベンツが、声明を出したとのことです。

歩行者より運転手を優先

「直進すれば子供たちは死に、回避すれば運転手は死ぬ」という状況の場合、運転手を守ることを優先する。今後発売する完全自動運転車は、そういう設計にするようです。

これはまあ納得です。運転手の方が危険にさらされるような車なら、買い手は少ないでしょうから。

しかしこの例はちょっとよろしくない。このケースでは飛び出してきた子供にも過失があるため、轢かれても仕方がない部分があります。

これが逆、「直進すれば運転手は死に、回避(歩道に飛び出すなど)すれば子供たちが死ぬ」ケースだったらどうなんでしょう。子供たちには何の過失もないのに、歩道に突っ込むんですかね。そこまで踏み込んでの回答が欲しかったところ。

トロッコ問題時の設計方針も気になるけど、事故発生時の運転手の責任有無も気になります。完全自動運転車においては、車そのものが整備不良だった場合を除けば、裁判になると被害者と自動車会社の争いになると思います。

どんな裁判になるか、こう言っちゃ悪いですが、非常に興味深いです。

誰がこういった法整備を決めていくのかわかりませんが、かなり頭を悩ませることと思います。自分が担当だったら全く決められる気がしません。

とりあえず完全自動運転車用の保険はできそう。でも保険料はどうなるんだろ。完全自動運転車は大幅に事故率は低くなると思うんで、安くなるのかなあ。

とにかくこういった新しい技術によって世の中が大きく動いていくの、たまりません。

そして何より、私はペーパードライバー(免許取ってから1度も運転なし!)なので、自動運転車の登場を心待ちにしています。

(自動車教習所の職員さんは、心待ちにしてないと思います。ちょっと心苦しいですね)

おわりに

なんかいつになく真面目っぽい記事になってしまいました。

自動運転車とトロッコ問題関係で真面目じゃない感じの記事はこちらをどうぞ。

自動運転車はトロッコ問題の夢を見るか? - 夜中に前へ

アイキャッチ用の、タイトルだけは気になる本

スポンサーリンク