夜中に前へ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜中に前へ

思考実験、書評、あと雑記

嫁が小5でサンタについてネタバレされた話と、サンタに対する我が家のスタンス

たわし嫁 ネタ
スポンサーリンク

こんばんは。夜中たわしです。

クリスマスが迫ってまいりました。

クリスマスと言えばサンタクロース。

サンタクロースと言えば、そうです。サンタのネタばらし問題です。

今回は嫁が小5の時にネタバレをくらった話を紹介します。

ちなみに私は昔サンタを信じていたかについて何も覚えていません。やばいかも。

上級生によるアンケート

小5時代の嫁が教室で談笑していたところ、上級生(小6)が現れました。

なんでも、アンケートを取っているとのこと。

はい。もうお分かりかと思いますがこのようなやり取りがなされました。


Q.あなたはサンタクロースを何歳まで信じていましたか?

A.サンタクロースは実在する


そうです。純粋だったのです。

その後上級生は挙動不審になりながら消えていったそうですが、嫁の中には疑念が残ります。

家に帰って母親を問い正してしまいました。

「サンタクロースがいないって聞いたんだけど?」

すると「そうやねん。いつ気づいてくれるか困ってたんやとの悲痛な回答がありました。


悲劇です。


登場人物すべてが心に傷を負ってしまいました。

ちなみにサンタを信じていた当時の嫁は、サンタに対し「今年のプレゼントはいらないから、親にお金をあげてくれ」という涙を禁じ得ない手紙も書いていたようです。

この話を聞いて私は思いました……。

もし娘ができたら、娘にはこんな思いはさせたくない!!

娘に嘘はつきたくない

ということで、もし私に娘ができたらどう対応するかを考えてみます。

そもそもサンタはいるよ! と言い続けることは娘に対し嘘をつくということに他なりません。

そしたら、そしたらですよ。

娘が高校生くらいで反抗期にでもなったら、

「でもサンタがいるって私に嘘ついてたよね?」

と言われていとも簡単に口喧嘩に負けます。

「どの口が『親に嘘をつくな』って言うんだ? ああん!?」

なんて言われた日には、私の枕が水浸しになることでしょう。

なんとかやんわりとサンタが存在しないことを、そして本当は我々親達が購入することでプレゼントが提供されていることを速やかに伝えたい。

そうすれば娘は変なじいさんではなく親を敬うようになるのです。

想定会話

f:id:tawashix:20161219204457p:plain

まず、小学校に入る前の娘がサンタの存在を嗅ぎつけてきます。

「サンタさん来てくれるかなあ」

「……サンタの存在はどこで知ったんだ」

「幼稚園の先生が教えてくれた」


くそっ! あの保育士め、余計なことを教えやがって!

教育者が嘘を教えていいのか……?

「しかしサンタって大変だなあ。1人で世界中の子どもにプレゼントを配るなんて。それに資金はどうなってるんだろ? もちろん父さんはサンタに資金提供はしていません

「えっ、うーん……」

気づいてくれ! そんなことは無理だと。無理な相談だと。

「私が思うに、サンタは沢山いるね。でないと配りきれないから」

「えっ」

「あと、資金についてだけど……たとえばノーベル賞の賞金って、ノーベルさんがダイナマイトで儲けた莫大なお金を元手にして運用された中から支払われてるよね

「は、はい……そうだけど」

「たぶんサンタも、何らかの資金を元手に株式投資などで資産運用してるんじゃないかな? あとおもちゃ業界からスポンサー料も貰ってそう」

「……なるほど」

なんてこった。娘の中では無理やり辻褄を合わせてしまっている。

……しかしこれならどうだ?

「じゃ、じゃあ、サンタはどうやって家に入ってきて枕元にプレゼントを置くのかな? うちには煙突もないし、もちろん戸締まりは完璧だ。そして父さんはサンタに鍵を渡すなどの手引きはしていません

「……ピッキング」

「えっ」

鍵をピッキングで開けているとしか考えられないよね。そうだ! ということはサンタの裏の顔は、鍵の110番の人かもしれないね」

「……」

「きっとそうだよ! 鍵屋さんは、サンタと提携してるんだ! それにもしサンタがいないとしたら幼稚園の先生が嘘を教えてるってことになるし、先生がそんな愚行に及ぶはずがないから、大体合ってると思うよ!」

「そうか……全世界の鍵のスペシャリスト達はサンタに買収されていて、その活動経費はおもちゃ業界からのスポンサー料と株式投資により賄われているのか……そうだな! サンタは実在するよな!!

おわりに

こんな感じに冗談が話せる、才色兼備の娘を希望しております。

よろしくお願いします。

関連記事

嫁が自分の殻に閉じこもった - 夜中に前へ

嫁がしいたけ嫌いになった - 夜中に前へ

嫁が肛門に名前を付けはじめた - 夜中に前へ

スポンサーリンク