夜中に前へ

思考実験、書評、ゲームレビュー、あと雑記

祝福機能を持つ「ロボット牧師」が誕生

スポンサーリンク

こんばんは。夜中たわしです。

なにやら、ドイツでロボットの牧師が開発されたというニュースを耳にしました。

【追記】当初神父と記載していましたが、正しくは牧師でした。全体を修正しました。カトリック系が神父、プロテスタント系が牧師なんですね。

ロボット牧師

動画があります。ぜひともご覧ください。

昨今はAIに仕事が奪われていくのではという懸念が高まっていますが、その対象から程遠いと思われる「神の領域」の仕事に突如風穴を開けるロボット牧師。

彼の名前は「BressU-2」。彼の持つ機能が紹介されていました。

f:id:tawashix:20170605225921p:plain

f:id:tawashix:20170605225931p:plain

f:id:tawashix:20170605225938p:plain

f:id:tawashix:20170605225945p:plain
手から光線を出す「祝福の光」



f:id:tawashix:20170605225954p:plain

f:id:tawashix:20170605230000p:plain

f:id:tawashix:20170605230007p:plain
体から印刷物を出す「祝福のプリントアウト」


写真だと小さくて分かりづらいですが、お腹が開いて小さな紙が出てきてます。ちょっと想像しないタイプの出し方ですね……。(画像は別動画から)

ともかくあふれ出るSF感。そしてこのデザイン。最高です。

制作意図

ドイツの宗教改革世界展で展示されており、実験的な目的で作られたそうです。

普段教会に行かない人たちが結構見に来てる模様。

EKHNによれば、デジタル化する社会での祝福の意味や、神がロボットを通じて祝福を与えることができるのか、といった問題に関する幅広い議論を盛り上げることがBlessU-2の目的とのことだ。


宗教改革500年、祝福ロボットがドイツに登場 - エキサイトニュース


かつて産業革命の時代には、機械に仕事を奪われることを恐れた人々が、機械を破壊するという運動を起こしました。

もしロボット牧師が加速的に普及すれば、仕事を奪われた牧師たちがロボット牧師を破壊し尽くすという壮絶な未来が……

それはないか。

おわりに

そういや偶然にもロボットの神父が出てくるマンガが手元にありました。

こんなやつです。

f:id:tawashix:20170605230041j:plain

f:id:tawashix:20170605230047j:plain

f:id:tawashix:20170605230053j:plain

『機械じかけの愛』というマンガで、ロボットと人間の共存する社会での話です。1話完結系で星新一的な雰囲気があり、おすすめです。

いやー、ロボットって楽しいなあ。

関連記事

もし神が振り込め詐欺をしてきたら(パスカルの賭け) - 夜中に前へ

全知全能の方必見!「全能のパラドックス」とその対策 - 夜中に前へ

いらすとやの素材で三題噺をやってみた『完璧なクレーム処理ロボット』 - 夜中に前へ

スポンサーリンク