夜中に前へ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜中に前へ

思考実験、書評、ゲームレビュー、あと雑記

あなたのブログも確実に丸パクリされてます/対策方法あり

ブログ Google AdSense
スポンサーリンク

夜中たわしです。

先日、私のブログが丸パクリされていることに気づきました。

こちらをご覧ください。

f:id:tawashix:20161004210806p:plain



これ、Google AdSenseの審査に通らずヘルプフォーラムで相談していた時に教えて貰ったものです。

見ての通り、私のブログと全く同じ内容がどこの馬の骨ともわからないサイトに表示されています。

これを知った時は、怒りのあまり失神するかと思いました。

っていうかこんなブログをパクってどーすんだ!?!?

この世の中のすべてのサイトがパクられてる

f:id:tawashix:20161004214814p:plain
DeNAの妖精 - かわいい無料イラスト素材集「ホビヲノエ」

最初は手動でパクられたのかと思ったんですが、記事を更新た直後に見に行くと、即反映されてるんですよ。

そのためリアルタイムでサイトをコピーできるミラーリングという手法だと分かりました。それに、試しに適当なリンクをクリックすると、リンク先の別サイトも表示されるんですよ。もちろんこの変なドメインで。はてなの公式サイトとかも。

要はあらゆるサイトをミラーリングし、パクリ表示ができる仕組みになってるようなんですよ。

もうめちゃめちゃ気持ち悪くないですか? おぞましいです。

このパクリサイトの正体は?

いったいこのサイトは何なのか、ドメインの大元に行ってみました。

http://wbprox3.appspot.com/ですが、行かないほうがいいです)

そこには英語が書かれていて私には何のことだかこれっぽっちも理解できなかったので、google翻訳した内容がこちらになります。

匿名でブラウズおよび/またはあなたの学校、大学や職場のネットワークの制限をバイパスします。 あなたのお気に入りのサイトがブロックされましたか? その後、代わりに私たちのサイトを閲覧! あなたはすぐにあなたのお気に入りのサイトにアクセスするには、ページの上部にあるショートカットのリンクを使用することができます。 私たちは、あなたがしたいページをフェッチし、あなたに戻ってそれを送信します - 特定のURLをブロックの任意のフィルタをバイパスすることができますし、ターゲット・サーバーと直接通信する必要はありませんので、あなただけの、弊社のサーバーに接続します。 無料と高い互換性ユーチューブプロキシ。 あなたは、Facebookのブロックをバイパスするために、このプロキシを使用することができます。このプロキシはMySpaceやOrkutの、ベボと同様のサイトのために有用です。 私たちのプロキシを使用してお気軽に! 検閲で停止! 私たちのプロキシとサーフィンを使用してください!



わかりづらいですが、学校や職場からネットサーフィンする時、アクセス制限がかかる場合がありますよね。どうやらそれを回避するためのサイトみたいです。なるほどそういうことか…。

そこまでして変なサイトを見るんじゃねえ!

※当ブログは全く変なサイトではありません。ええ。

実害は?

ではこのサイト経由で自分のブログを見られた時、どのような被害が考えられるでしょうか?

パクリサイトが検索結果にかかるようになる可能性あり

今ではGoogleの検索アルゴリズムが賢くなっているのでそのようなことは少ないようですが、過去にはパクリサイトの方が本物より上位に表示されてしまうケースがあったみたいです。完全に人の努力の横取りですよね。考えられないことです。

Google AdSenseの審査に悪影響の可能性あり

Google AdSenseの審査中の方は、オリジナルのブログの方がコピーだと判断されて審査に落とされる可能性があります。

上記と同じ理由で、Googleのアルゴリズムは賢くなっているのでおそらく大丈夫かとは思いますが、対策しておくに越したことはないでしょう。

なお私は本件の対策を行っていない状態でも審査を通過しました。

Google AdSenseの広告を停止される可能性あり

パクリサイト経由でアドセンス広告を表示、クリックされた場合、正規のサイト以外に広告を貼る、スパム行為を行っていると認識される恐れがあります。そうなるとGoogleから広告を停止されるかもしれません。もう最悪です。許すまじ。

対策方法

対策にはhtaccessというサーバーの制御ファイルを編集し、該当ドメインからのアクセスを禁止すれば完璧なんですが、はてなブログではhtaccessは編集できません。

なので他の対策がないか調べてたら、見つかりました。

コードをコピペするだけで、コピーサイトのページを表示した時にオリジナルページにリダイレクトが可能になります。

※【追記】リダイレクトのみでは不十分なようです。後述します。

当ブログでもこの対応を入れ、コピーサイトにアクセスしても自分のブログにリダイレクトさせることを確認しました。非常にありがたいです…。

おわりに

どういうつもりのサービスなのか分からないですし、実害がいかほどかは不明ですが、気持ち悪くてたまらないので対策しました。

こういうコピーサイトは滅んでほしいです。

ブログを運営している方は、対策することをおすすめします。

追記

リダイレクトでは、完全な対策にはならないとの指摘がありました。

具体的な対処方法はこちらにあります。

またブクマこのようなコメントもいただきました。

あなたのブログも確実に丸パクリされてます/対策方法あり - 夜中に前へ

そのプロキシサイトは見てないけど、こういう話じゃないの…… http://blog.tokumaru.org/2014/08/blog-post_25.html

2016/10/05 08:17

URL先はこちら。

blog.tokumaru.org

要約すると、海外の検閲回避のためのプロキシサービスのため、今のところ実害はないのでは? とのこと。

非常に勉強になりました…。今後気を付けますんで、ご勘弁ください!

スポンサーリンク