夜中に前へ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜中に前へ

思考実験、書評、ゲームレビュー、あと雑記

『サバクのネズミ団!』をプレイ/移動要塞版の『ザ・タワー』

スポンサーリンク

9/2にニンテンドー3DSで配信開始された『サバクのネズミ団!』をプレイしたので紹介します。

f:id:tawashix:20160903195503j:plain

私はニンテンドーダイレクトでの動画を見て、あっという間に購入を決定しました。

紹介動画

公式の紹介動画があり、これが魅力の全てを物語っています。

ナレーションもすごくいい。


「サバクのネズミ団!」紹介映像

動画を見て思いましたよ。

「これ、移動要塞版の『ザ・タワー』あるいは『アジト』だ!」

もうこの一文だけでも、人によっては超食いつくのでは? そんなあなたは買って損はないです。価格は800円。これ超安いと思う。

このシステムの取り合わせは、ありそうで今までなかった。

ストーリー

紹介動画が素晴らしすぎるので、そちらを見ていただくことにしてもう本記事は終了してもいいんですが、それはあんまりなので私なりにも紹介してみます。

f:id:tawashix:20160903215008j:plain

主人公はネズミ。舞台は謎の惑星でスチームパンク風。ネズミたちは、移動要塞を強化し、時に敵と戦いながら黄金郷を目指し砂漠を走ります。

この世界観だけでも、もう大満足で放心状態になってしまいますが、続けます。

基本システム

f:id:tawashix:20160903215108j:plain

開始直後の戦艦はこんな感じ。

移動中にスクラップ等の素材が拾えるので、それを元に物資の製造や、新たな部屋の建設を行い、町から町へと移動していきます。

f:id:tawashix:20160903224719j:plain

はじめに引き合いに出したように、『サバクのネズミ団!』は『ザ・タワー』のようなリアルタイムシミュレーションゲームになっていて、基本的に常に時間が流れています。

なので、どのアイテムから作るか、どのネズミに作業させるか(ネズミによって作業の得意不得意がある)、また作業場をどのように配置するかなど、忙しく指示する必要があります。

f:id:tawashix:20160903215746j:plain

この際、何をするにもネズミがちょこまかと動いて楽しい。製造に必要なアイテムを倉庫から運びだして作業場に持ってきて作業、でもお腹が減ったり、疲れて眠くなったりした場合は持ち場を離れて交代、と一匹一匹が忙しく動きまわっていて、もうずっと見ていられますよ…。

そういや私、洗濯機が回っているのもずっと見ていられるんですが、もしかして疲れているのでしょうか?

クエスト

新たな街へ行くには情報を手に入れる必要があり、情報を入手するにはお金が必要です。

お金は主にクエストをこなすことで手に入れることとなります。

f:id:tawashix:20160903221626j:plain

※この人は膝に矢を受けてしまった模様。結構わかる人にはわかる小ネタがある。

クエスト受注→移動してスクラップ回収→製造して納品、の流れで、どんどん移動要塞が強化され、物資も充実してきます。

こういうコツコツ強化していくゲームが好きなら、かなりおすすめ。

敵キャラ

f:id:tawashix:20160903221954j:plain

移動中には敵が出てくることがあります。上の画像は序盤に出てくるザコなのでちょっと絵的にしょぼいけど勘弁。

戦いになると、マシンガンで攻撃する役、壊された戦艦を修理する役と、役割分担することにります。

この際何かネズミに作業ををさせていて空き要員がいない場合、誰も戦わずボコボコにされるので注意。空き要員がいれば自動で戦ってくれます。修理も手の空いたネズミが勝手に修理してくれるので、そんなに一匹ずつ指示する必要はなく、遊びやすいです。これ後半での強敵の戦いになると相当面白くなると思う。

おわりに

以上、2時間ほど遊んだ感想をお伝えしました。

800円だからそんなにボリュームないだろう、と思ったら作れるアイテムも多く、マップも広くて完全に甘く見ていたことがわかりました。攻略wikiの登場が待たれます。

f:id:tawashix:20160903222713j:plain

これ、1つ1つが町になってるんですが、さらに右に1画面分ほどマップが続いていて、想像以上のボリューム。

ダウンロードゲームってあまり買わないんですが、久々の当たりでした。

それでは、もう少し要塞を強化してから寝ます。

関連記事

すれちがいMii広場のサクッと遊べる5つの新作ゲームを遊んでみた - 夜中に前へ

スポンサーリンク