夜中に前へ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜中に前へ

思考実験、書評、ゲームレビュー、あと雑記

組体操で骨折した話

スポンサーリンク

小学生の頃、運動会の朝に雨が降りました。

天気予報では雨は少ししたら止むとのことでした。そのため運動会は時間を遅らせて開始することになったのです。

そして私の担任だった女教師は思いついたのです。今から思えば悪魔的発想でした。

「体育館で組体操の練習しよか」

えっ! 練習すんの?

「当日の朝まで練習することはねーだろ!? 昨日まで頑張って練習してきたんだし、もう雨が止むまで寝てましょうよ! それがいい! 寝よう! みんな!! そうだろ!?」

このように声に出す度胸はなかったので、みんなの心に直接呼びかけてみましたが、一向に思いは伝わらず、練習は開始されました。

ピラミッドの練習

f:id:tawashix:20160906234310p:plain

練習では最も難易度の高い、ピラミッドの練習を行いました。

私は早生まれだったこともあり、クラスの中では身長が低く、整列時には前から2番目以内をキープしていました。

そうなると、ピラミッドで一番上になることは必然です。

そして事件は起こりました。

骨が折れちゃった

f:id:tawashix:20160906235034p:plain

そう、私はピラミッドから転落し、腕を骨折したのです。

ちなみに失敗したピラミッドは、4人ピラミッド。言うまでもなくピラミッドの中では最低ランクの技です。ピラミッド界のスライムに私は敗北しました。

そうです。私は「どんくさい」のです。

どんくさい者に対して組体操をやらせてはいけない。わかりましたね?

ちなみにこういう状況下では脳の回転数が上がり、スローモーションに見えるとよく言いますが、私にはそれは発現しませんでした。なのでただ痛いだけです。ちくしょう。

しかも本番で骨折したわけじゃないからすごく地味。いやそもそも本番に運動場で落下した場合、地面が柔らかいから多分骨折れてないぞ?

ついてない。とことんついてない。

治療

すぐさま親が呼ばれ、緊急搬送される私。そんな中私は思いました。

「めっちゃ痛い。めっちゃ痛いけど、これでもう運動会をやる必要はなくなった…それだけは儲けもんだ!!」

どんくさい者は、その全員が運動会を嫌っているのです。わかりましたね?

病院ではギプスを装備させられ、私は学校に送り返されます。

「やれやれ…もうちょっとゆっくりして行ってもいいんだけど。まあ運動会は見学してるだけでいいだろうし、楽かな」

学校に戻ってみたら

学校に戻ると、女教師は耳を疑う発言をしました。

「組体操のナレーションやってよ」

え? ナレーションって何?

ナレーション担当の、あらかじめ骨折していた友人(!)が待っていました。友人の担当内容を分担してやれというのです。

疑うことを知らなかった私は、言われるがままです。

え? ちょっと待って。こっちは今日骨折れてるのに、なんでこんなナレーションをぶっつけ本番でやらされてんの?

こんなのブラック企業やん。

いや、ブラック企業でも骨折したらその日は休みじゃねーの? ブラック企業以下やわ…。

どうしてこうなった…。

それもこれも、組体操が存在するからだ。

組体操め…!! 許さんぞ!!

そもそも、組体操を考えだしたのは誰なんだ(調べても全然わかりません)。くそ、これが判明して、かつタイムマシンが手に入ったら、創始者をころ…説得しに行くところなのに。そして運動会の代わりにゲーム大会を推奨するように働きかけるというのに…!

まとめ

というわけで私は学校により加入していた「保険」によって治療費をいただくことができたのです。

黒字でした。

※ここに保険の広告を貼りたい

※(追記)「保険」が「保健」になってたので修正。恥ずかしいなあ…。

スポンサーリンク