夜中に前へ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜中に前へ

思考実験、書評、あと雑記

思考実験「テセウスの船」と野球ファンについて思うこと

思考実験 パラドックス ネタ
スポンサーリンク

こんばんは。夜中たわしです。

当ブログをご愛顧いただいている方は、「思考実験」ネタということでまたクレイジーな記事かとお思いかもしれませんが大丈夫です。

今回は比較的普通です。

テセウスの船とは?

こんなギリシャ神話があります。

テセウスがアテネの若者と共に(クレタ島から)帰還した船には30本の櫂があり、アテネの人々はこれをファレロンのデメトリウスの時代にも保存していた。このため、朽ちた木材は徐々に新たな木材に置き換えられていき、論理的な問題から哲学者らにとって恰好の議論の的となった。すなわち、ある者はその船はもはや同じものとは言えないとし、別の者はまだ同じものだと主張したのである。

テセウスの船 - Wikipedia

簡単に言うと、船のパーツを交換し続けて、船の全てが新しいパーツに置き換わってしまった時、はたしてそれは同じ船と言えるのか? というパラドックスです。

これは色んなバリエーションがあって、次に有名なのはたぶん「ロックの靴下」。穴の空いた靴下にあて布をし続けて、元の布地が全くなくなった場合、それは同じ靴下なのか? という問題です。

このパラドックスは、「自己同一性とは何か」について考えさせてくれます。人間の細胞というものは数年で全て入れ替わります。それでも自分は自分と言えるのでしょうか? 答えは闇の中です。


f:id:tawashix:20161102221339p:plain
※入れ替わる細胞たちの例


ちなみにそんな事を考え、わけがわからなくなって書いた記事がこれです。今読み返してもやっぱり意味がわかりません。

この話を発展させると、ただ寝て起きた時に自分が自分である保証すら怪しくなってきます。

それが脳裏によぎるからかもしれません。

私が毎日のように、今日できることを明日に先延ばしにしてしまうのは……! 未来の自分に対して負債を与えているのです。(これは未来の自分が他人だったとしても、迷惑なので直ちにやめるべきです)

特殊な例

Wikipediaをもう少し見てるとこんな例がありました。

WANDS、C.C.ガールズはデビュー時のメンバーと解散時のメンバーが完全に入れ替わっていることで知られる。

モーニング娘。はデビューから7年を経た2005年1月に最後の結成時メンバーが卒業したが、後に加入したメンバーによってそれ以後も活動中である。

テセウスの船 - Wikipedia

そうか……モーニング娘。ってまだ存続してたのか、というのがまず出てくる感想ですが、メンバーが全員入れ替わってるグループって存在するんですね。ファン層ってどうなってるんだろう。

全く関係ないですが、モーニング娘。の名前を聞くと思い出すのは、飲み会の時に泥酔しカラオケでLOVEマシーンの歌いながら「WowWowWowWow」のリズムに合わせて私の股間を攻撃してきたI君のことですね。

(彼はその後飲み過ぎが災いして全く動かなくなりました。私は彼を運んで鼻血を出しました。日本の未来はヤバイです

野球チーム

上記の話に近いですが、私がこのテセウスの船のパラドックスを思い出すたびに気になっているのは、スポーツチームのファンについてです。

野球チームなど、通常のメンバーの入れ替わりもありますし、チーム間のメンバーの移籍もありますよね。

特定のチームのファンってずっと続くものなのでしょうか?

たとえば阪神と巨人の選手達が一斉に入れ替わった場合、それぞれのファンはどちらのファンになるんでしょう?

選手が半分だけ入れ替わった場合なんかも気になりますね。

そういうことを考えていると、流動性の高いチームというものに全然執着できません。

あとさらに脱線しますが、箱根駅伝って毎年ほぼ違うメンバーが走るにも関わらず、去年の成績によってシード校として優遇されますよね。これもよくわからない。

はい。私は大体そんなことを考えて生活してます。

おわりに

余談ですが私は幼少期、野球中継によって見たい番組が潰されたり、延長によって録画予約が失敗したりしたことで野球に対しては非常によくない感情を持っていました。

ですが最近は野球中継自体が減り、延長もしなくなったことで今では治ってきて、実況パワフルプロ野球などをプレイできるまでに回復しました。

あれ? 何が言いたかったんだっけこの記事?

うーん、記事を書き始めた時の自分と今の自分は、別人かもしれませんからね!

おすすめ書籍

関連するおかしな記事

思考実験「スワンプマン」をソシャゲガチャと関連付けて考察する - 夜中に前へ
美少女と入れ替わるたった1つの方法/『君の名は。』をようやく見た - 夜中に前へ

スポンサーリンク