夜中に前へ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜中に前へ

思考実験、書評、あと雑記

もしも5年後の自分が記憶喪失になっていたら

ブログ
スポンサーリンク

こんばんは。夜中たわしです。

現在はてなブログではこのようなキャンペーンが行われています。


はてなブログ5周年ありがとうキャンペーンお題第2弾「5年後の自分へ」

http://blog.hatena.ne.jp/-/campaign/hatenablog-5th-anniversary

記事を投稿するだけで、ペンとノートが当たるというこのキャンペーン。締切は今日です。

ギリギリなんです。いつもこうです……。

このキャンペーン、締め切り間際の現時点で1500件以上応募されています。当選者は10名とのことなので、倍率は150倍を超えます。

なんだ、言うほど倍率は高くないな。と思いました。

宝くじと比べると、超当たりやすいレベルです。

当たってしまうかもしれません! やりました!

5年後の自分に伝えたいこと

ということでテーマに沿って話を進めたいところなんですが、未来の自分に伝えたい事が全く無いです。いきなりで申し訳ないんですが……。

だって、普通は5年後の自分の方が今より知識が増えているに違いないし!

逆に5年後の自分に教えてほしいことならいくらでもあります。

たとえばこんな感じです。

  • ドラクエ11は発売された?面白い?
  • ニンテンドースイッチは成功したの?
  • プレイステーション5は出る?
  • どこの株価が上がる?
  • まだ生きてる?

(やば……知りたいことのレベル、低すぎ!)


5年後の自分の方が知識が増えているはずと言いましたが、そうでない場合も考えられます。

そう、記憶喪失になった場合です。

もし記憶がなくなったら?

さて記憶がなくなった場合、身近な人から「私と結婚してるんですよ」「お前はこういう人間だったんだよ。クソ野郎だよ」「俺に100万円貸してるねんで。はよう返してくれ」などという情報を受け取ることでしょう。

そして自分のメールやLINEの履歴も見ることで、自分がどんなやり取りをしていたかを確認するんじゃないでしょうか。

ですが私にはもう一つ確認できる材料があります。

そう。このブログです。

記憶喪失でブログを読んだなら

5年後までブログを続けているかわかりませんが、書いてる分だけ全部読み返すことでしょう。

すると、このブログですよ。日頃から読んでくださっている方はわかると思いますが、このブログ、狂気の世界に足を突っ込んでることがあるので、これを見た自分がどう思うことか。

こんなブログを書いたのが自分であるはずがない。何かの間違いだ。たわしって何だ!? と相当落ち込むことが考えられます。

というか記憶喪失になった自分って、ほぼ自分ではない存在だと思うんで、そいつが自分の書いた記事やパソコンの中身をほじくり返して「うわっ」て言うのを想像すると、なんというか耐えられませんね。すげー嫌!!

なので私は、記憶喪失になるわけには行かないのです!

5年後の自分へ > 記憶喪失に気を付けてくれ!

おわりに

簡単ですが以上です。

みなさんも頭への衝撃などには気を付けましょう!

サムネイル用の頭が守れそうなやつ(高い)

関連記事

嫁が代理で回答!「はてなブロガーに5つの質問」 - 夜中に前へ

スポンサーリンク