夜中に前へ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜中に前へ

思考実験、書評、ゲームレビュー、あと雑記

物忘れが多く困っている方は、マウスを裏返すべき

スポンサーリンク

ちょっとした物忘れって、よくありますよね。

なんと簡単な物忘れの8割は、マウスを裏返すだけで解決するんです!

f:id:tawashix:20160806054143j:plain

あ、あまりにひどい物忘れの場合は、健忘症などの病気の可能性があるので、早めの診断を受けるのをおすすめします。

それでは、よくある物忘れのケースを元に、具体的な対策方法を見ていきましょう。


失敗ケース(マウスを裏返さなかった場合)

あなたはネットサーフィンをしている。そんな中ふと気がつく。

「しまった。今日はゴミの日だった」

まだ間に合う。ちょうどトイレにも行きたかったため、あなたはゴミ出しの前にトイレに立ち寄る。トイレで用を足しながらあなたは考え事をする。

「そういやアンパイアと、バンパイアって似てるな…何か関係があるのでは!?」

そしてあなたはPCの前に戻り、ネットサーフィンの続きにとりかかる。アンパイアについて、調べるのだ。

1時間後あなたは気づく。

「ゴミ出し完全に忘れた!!」

成功ケース(マウスを裏返した場合)

あなたはネットサーフィンをしている。そんな中ふと気がつく。

「しまった。今日はゴミの日だ。前回ゴミを出し忘れたから、部屋がゴミでパンパンだ。出さないと部屋が腐る」

まだ間に合う。ちょうどトイレにも行きたかったため、あなたはゴミ出しの前にトイレに立ち寄る。

「待って。マウスを裏返すのよ!」

「あんた、誰だ!?」

「わたしのことは、気にしないで! ゴミを捨てるのを忘れたくなければ、マウスを裏返すのよ!」

あなたは、しぶしぶマウスを裏返す。

トイレに立ち寄ったあなたは考え事をする。

「そういやアンパイアと、バンパイアって似てるな…あれ? これ前にも考えたような?」

そしてあなたはPCの前に戻り、ネットサーフィンの続きにとりかかろうとする。

ここであなたは違和感に気づく。

「マウスが裏返ってる」

「ゴミ出ししないと! 忘れるところだった!」

「しかしさっきの気色悪いしゃべり方のオッサンは、誰だったんだ…。」

まとめ

いかがだったでしょうか? これは条件付けによる記憶法を利用しています。この方法を利用すれば、なぜマウスを裏返したか、と考えた時、きっかけとなったことをかなりの確率で思い出せます。

今回の対策法は、自分が戻ってくる場所にあるものを、不自然な状態で置いておくだけです。マウスがなければ、何か目立つものを立てておくのがおすすめです。リモコン、ティッシュ、フラグ…。何でもいいので簡単にできます。

もし2つのことを覚えている必要がある場合は、2つのものを立てておけば思い出せます。

3つの場合は、3つ立てておけば多分大丈夫です。でもちょっと多いので根性が必要です。

4つを超える場合は、もう、メモしてください。そんなにあるなら。

ということで、あなたも忘れる前にマウスを裏返すのよ!

スポンサーリンク