夜中に前へ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜中に前へ

思考実験、書評、ゲームレビュー、あと雑記

アニメみたいに、悪夢を見て本当に飛び起きた/そして見つけた最高の枕

スポンサーリンク

ヤバイ夢を見て飛び起きたんですが、ちょうど『Netflixオリジナルドラマ「火花」× はてなブログ特別お題キャンペーン』ってのが行われており、そのお題の一つが「夢と挫折」であったため、これは、書けるぞと思い筆を取った次第です。

え、そのお題は、夜に見る夢とは違う?将来の夢の方??そんな決まりはないだろう。

悪夢の内容はあまりにリアルで、背中に正体不明の虫が投入され、驚いて背中から床に倒れるというもの。その後必死に起き上がろうとしたところで目が覚めた。その瞬間、悲鳴をあげ、現実にも起き上がってた!本当に、「うわああああ」→ガバッという感じ。

正直、現実には起こらないフィクション上のものだと思ってました。

皆さん。現実にも起こります!これ!

おかげで、誰しもが死ぬまでにやってみたいことの一つ、「悪夢飛び起き」が達成できました。自慢できます。もちろん寝起きの気分は最悪でした。あんな夢見せやがって脳みそのバカヤロウ。

もちろん眠れなくなったため、私に今できることは、悪夢を見ない安眠グッズを見つけること。この時代、安眠くらい金で買えるはず。飛び起きることこそ初めてだけど、1日おきくらいのペースで、きつい悪夢を見てます。こないだは新幹線の改札から出られなくなってた。夢なのに、焦る焦る。

そんななか、見つけたんです。

最高にかっこいい枕。

この枕に、私は心臓を撃ち抜かれました。



f:id:tawashix:20160731012020j:plain
(出典:http://www.thefoundist.com/


f:id:tawashix:20160731012111j:plain
(出典:http://www.thefoundist.com/


f:id:tawashix:20160731012033j:plain
(出典:http://www.thefoundist.com/




ダチョウ枕と言うそうです。

おそらく、これは逆に悪夢を見る確率が上がります。

以上です。



Netflix火花お題「夢と挫折」

Sponsored by Netflix

スポンサーリンク