夜中に前へ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜中に前へ

思考実験、書評、ゲームレビュー、あと雑記

尻に敷かれるとはどういうことか(事件編)

雑記
スポンサーリンク

「尻に敷かれる」という言葉について、皆さん聞いたことはあると思います。ただ、その由来についてまで知っている方は少ないのではないでしょうか。私も知りません。今日は一緒にこの問題を解決しましょう。

 

嫁に聞いてみた

嫁「尻にひかれる?」

なんということだ。嫁の脳内では、恐妻家がその尻で旦那を跳ね飛ばしているのか。暴走車の如く。旦那は無事なのだろうか。当たりどころが悪かったなら、どうなることか。 業務上過失尻。

 

実際に尻に敷かれてみた

実際に尻に敷かれてみれば、どういうことか分かるはず。思い立ったら即行動、私は横で寝ている嫁の尻に頭から潜り込む決意を固めた。他人の尻に潜り込むなど、到底許される行動ではないが、夫婦であれば訴えられる可能性も、そんなに高くないのでは?

最悪の場合、尻に吸い寄せられたと言い訳をすれば、見逃してもらえるというものです。

私「御免!」

嫁「え、何?今はダメ!」

嫁の拒み方は常軌を逸しており、尻から頭を引き剥がそうとしてくる。そんな、こんなに嫌われていたということか。尻に突撃するのは、週3回までに減らそう…。

悲しみに暮れ、嫁の顔を見ると何やら放心状態、半笑いの状態で固まっている。
何か香りがしてきた気もする。

 

これは、放屁だ。

 

 

スポンサーリンク